アルコールと不眠症は繋がっている

寝酒の影響

いわゆる寝酒という行為で寝る前にアルコールを摂取することで、入眠は簡単になるかもしれません。
しかし、睡眠をとる前にアルコールを摂取すると、逆に眠りは浅くなって熟睡できなくなってしまうのです。
夜中にトイレに立つようになったり、途中覚醒をすることが多くなるなど、不眠症の解消としては不適切なものといえます。

タバコと不眠症

タバコは刺激物の一つに含まれるので、これを使用することも不眠症の原因になると考えられています。
タバコを吸うことでリラックスできると考えている人も多いかと思いますが、これは不眠症の対策としてはマイナスになるのです。
タバコを吸うことで深く息を吸って、深呼吸をしているような状態になるのでリラックスできると勘違いしてしまっているのかもしれません。

習慣を急に変えることもストレスになる

タバコやアルコールは確かに不眠症の対策としてはマイナスなものですが、すっぱりと辞めてしまってもまた影響が出るかもしれません。
自分がこれまでにやっていたことを急にやめたり変えることは、環境が変わってストレスを感じてしまう要因になります。
環境を変えていくためには、少しずつはじめて体に慣らしていく必要があるでしょう。