アロマテラピーは不眠から解放してくれる香り

アロマテラピーを利用することは、不眠症の解消のためにはとても効果があることを知っていたでしょうか。
アロマテラピーでは、花や植物の香りを使って、身体や心をリラックスさせることを目的としています。
これは不眠症の解消のためにも、かなり大きな効果が期待できるものなのです。

アロマテラピーの種類

一言でアロマテラピーといっても、例えばお香を焚くものだったり、ハンカチに精油をしみこませるなどの方法があります。
どのオイルを使うかによっても、そこで得られるリラックス効果が変わってきますので調べてみましょう。
不眠症の対策にできる、眠りの質を高める効果を持つオイルもありますので、アロマテラピーを利用してみましょう。

不眠対策によく効くアロマ

例えば不眠の解決に効果のあるアロマとして代表的なものに、ラベンダーの香りがあります。
ラベンダーは精神の鎮静効果があり、気持ちを落ち着かせてくれる効果を持っています。
他にもカモミールなども同じく鎮静効果があり、不眠の解消に役立つアロマです。

アロマキャンドルの使い方

アロマを使用する際には、枕にしみこませたりアロマポットを使って香りを出すなどの方法があります。
枕にしみこませる方法は特に不眠に対して効果があるといわれていますが、香りの程度に気を付けましょう。
あまりに香りが強すぎる場合は、かえって寝付きが悪くなってしまうことも考えられます。