不眠症は自己判断で絶対に片づけない

もしかしたら自分が不眠症かも、と不安になったら、まずはその症状について詳しく調べてみるのが一番です。
そこで見つかった対策や傾向を参考にしながら、自分の生活に取り入れてみてください。
それでもなかなか解消しないという場合は、そもそも不眠症という自己判断が間違っているかもしれませんし、医師に相談をするのが一番です。

一過性の場合もあります

一時的に不眠になるということは、不眠症ではない人にとっても起こり得ることです。
例えば、環境が変わってまだ馴染んでいないときなどは、不眠の症状が起こることもあります。
何日か眠りの質が悪いと感じたとしても、あまり焦らず経過を観察してみることにしましょう。

回復が見られなかったら

自己判断で不眠症かもと判断してしまうのは焦りすぎといえますが、何週間もいっこうに良くならない場合があるかもしれません。
ストレスを受けるなどで起こる一過性の不眠ともまた違った症状だと感じた場合は、医師に相談をしましょう。
原因が明確ではないということで、それがまたストレスの原因になってしまっている可能性もあります。