寝付くまでにかなりの時間を要する入眠障害

入眠障害という症状

不眠症の中でも、まずなかなか寝付けないという症状に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
これも不眠症の一つの症状であり、入眠障害といわれる症状になります。
眠ろうと考えていても、布団に入ってもなかなか寝付くことができず、寝付くまでに30分以上かかり、それが苦痛に感じれば不眠症といえます。

入眠障害の解消には

問題を解決するためには、それが何によって引き起こされているかという原因を突き止める必要があります。
例えば入眠障害の原因として考えられるものには、ストレスが代表的なものといえます。
ストレスを感じて体が緊張していたりすると、それが睡眠を妨げる原因になってしまうのです。

起きる時間もポイント

起床時間も実は眠りの質にかなり大きな影響を与えているものです。
遅く起きることで早く寝ることができなくなってしまいますし、その分寝つきも悪くなってしまうことになります。
昼間まで寝ているようであれば、起床の時間を早めるように意識する必要があるでしょう。