就寝前の軽いストレッチで心地よく目覚める

寝る前にストレッチをしてみる

眠る前に布団の中で軽くストレッチして体を動かすことで、リラックス効果を得ることができます。
普段の仕事がデスクワークがメインという人は、同じ姿勢で長時間パソコンを使用することで、身体が緊張した状態になってしまっています。
その状態が続くと、なかなか体の緊張をほぐすことができずに、睡眠に対しても悪い影響を与えてしまうことになります。

呼吸はゆっくりを意識する

布団の中でのストレッチにより、身体が感じている緊張をほぐしていくことができます。
身体が疲れているはずなのになかなか寝付けない、疲れが取れないという場合には、身体をほぐしてからの入眠がおすすめです。
ストレッチといっても決まったやり方はなく、自分の体がリラックスできると思えるやり方で大丈夫で、ゆっくりと呼吸をすることを意識しましょう。

ポイントは手足を温める

仰向けに寝ながら手足を上に上げて、手首と足首を左右に動かしてみてください。
これによって、手と足がだんだんと暖かくなってくることを感じるかと思います。
これも簡単にできる快眠のためのストレッチの一つですから、眠りが浅い人は試してみてください。

眠れないだけと侮らない

不眠が引き起こす体への影響は、ただ単に眠れないというだけのことではありません。
なかなか眠れないことによって、日中に体の動きが鈍ってしまったり、うまく頭が働かなくなってしまいます。
寝る前に体を軽く動かすストレッチをすることによって、眠りの質を高めてすっきりと目覚めることができますので、ぜひ試してみてください。