睡眠障害は生活リズムを崩壊する

睡眠障害の一つが不眠症

不眠症という症状は、睡眠障害という一つのカテゴリの中に含まれるものだとイメージしておきましょう。
不眠症には様々な症状がありますが、睡眠障害という枠の中でも様々な症状が存在しています。
自分の睡眠の質に問題があると思ったのであれば、まずはその症状がどういったものであるのかを突き止めていきましょう。

睡眠症という症状

寝つきが悪くてなかなか入眠できなかったり、睡眠に入ることができてもそれが長続きしない場合、これは睡眠症という症状になります。
また、過眠症といって、昼間の時間帯なのに強い眠気を感じて、眠ってしまうことがこの症状です。
過眠症の場合、一度寝付くとなかなか起きられないことも症状の一つに含まれます。

睡眠障害は体のリズムに影響

人間は夜眠ることで一日の生活リズムを保っているといえます。
朝になって起きて夜になって眠るというこのリズムが、睡眠障害によって崩されてしまうと、日常生活にも影響が出てしまうことが懸念されます。
こういった睡眠障害の中の一つに、眠っていても眠りが何度も阻害されてしまうような、いわゆる不眠という症状が含まれることになります。