起きたときにだるさやぼんやり状態になる熟睡障害

眠りの浅さと疲労度

不眠症の症状の中に、熟睡障害といわれるものがあります。
深い眠りを取ることは、身体の疲労を取り除くためには大事な行為ですが、それができないとなると体に疲労がたまり続けることになります。
眠ったのに起きたときに体にだるさを感じたり、頭がぼんやりした状態になってしまいます。

熟睡障害が起こす弊害

深い眠りが取れないことで、眠りが浅くなり、眠っている途中で何度も目が覚めてしまったりします。
結果的に人よりも長い時間眠りに費やしているのにも関わらず、疲労が取れなかったりまったく眠った気がしないという状態になってしまいます。
日常生活にも影響が出てしまいかねない症状ですので、思い当たる人は解決方法を探してみましょう。

熟睡障害を解消するには

こういった不眠症の症状を解決するためには、何が原因でそういった症状が起こってしまっているかを考える必要があります。
ストレスや生活習慣など原因は様々なものが考えられますので、自分の生活を一度見直すつもりで考えてみましょう。