隠れ不眠症を解決するためにすること

不眠症という名前なのだから、まったく眠れないものだけがその症状に当てはまるというイメージがあるのではないでしょうか。
自分は眠れているのだから、不眠症ではないと誰もが考えるのではないかと思います。
しかし、普段眠っているはずなのに昼間に眠気に襲われたり、身体のだるさがあるという人は、実は隠れ不眠症かもしれません。

隠れ不眠症の原因

眠っているはずなのになぜ隠れ不眠症になってしまうのかといえば、身体がしっかりと熟睡することができていないためです。
眠っていても浅い眠りの状態が続いていて、疲労を取り除くことができていないことが原因と考えられます。
脳も体もしっかりと休むことができていないので、いくら寝ていても体の疲労を取ることができないのです。

単純な方法ですが、時間が足りなくて睡眠をしっかりととることができていないのであれば、睡眠時間をしっかりと確保することです。
自分は不眠症ではないと思っているばかりに、睡眠時間を十分に確保できていないかもしれません。